menu

MODEL CASE

モデルケース

06

エリアを限定したクロスメディアマーケティング

施策
  • ブランディング
  • 集客

リフォームや設備販売などのサービスを扱う中小企業は施工エリアが限定されていますので、限られたエリアの中で大手を含めた競合他社との競争に勝てばよいということになります。
大手はテレビコマーシャルや新聞広告などマスメディアを使い知名度と信頼度を高めており、莫大な広告費を掛けていることを耳にしたことがあると思いますが、エリアが限定されていれば広告費を抑えて同様の効果を得ることが可能です。

まずは、ウェブマーケティングです。
エリアを限定できるだけでなく、クリック課金や再生課金というシステムなので、広告が届いた人だけに料金がかかります。
限定したエリアの届けたい層の人に限定すれば、限られた予算でも競争相手よりも多く、魅力的に広告を届けることが可能になります。
例えばYoutubeでコマーシャルを配信したとして、1,000人が見て50,000円前後です。

業種によっては、チラシ配布・DMなどダイレクトマーケティングも活用します。
チラシの折り込みやポスティングは配布エリアを細かく指定できますし、DMは当然配送先を予め指定するものです。
広告の届け先を限定することでコストをコントロールできます。
「多くの情報を届ける必要がある場合」「必ず必要なものでは無いサービス」「高齢者向け」などの場合に活用することが多いです。

次は、地方紙やフリーペーパーなどの地域メディアや交通広告、看板など野外広告を活用します。
安定的に新規カスタマーの獲得する地盤を確立するためには、将来のカスタマーにも存在を知って頂く必要があります。「この会社知ってる」と言っていただくことが、いわゆるネームバリューです。限定したエリアの方へネームバリューを高める活動を定期的に行っていきます。

広告は、予算との兼ね合いで最も即効性があるものに偏りがちになります。
ただ大きな視点でみるとクロスメディア戦略が効果的なのでお勧めです。
あらゆる角度から対象のカスタマーに企業のイメージとサービスの特長を浸透させることで右肩上がりの効果を得ることができます。

詳しくはお問い合わせください。広告プランナーがご説明に伺います。

  • 実績
  • 会社案内
page top