menu

MODEL CASE

モデルケース

09

ウェブサイトで来店の予約数を増やすプロモーション

施策
  • ブランディング
  • 集客

まずは、ウェブサイトの見直しを行います。(イニシャルコスト)
・ブランディングを確立する為に、デザインを検討します。ブランディングがカスタマーに受け入れられるか否かによって、今後の広告活動の成功率が変わってきます。
・ウェブサイト内の導線を検討します。来店予約までにどのようなメッセージを伝える必要があるのかデータを分析して、理想的な導線を作ります。

次に、ウェブサイトに訪問するカスタマーを増やします。(ランニングコスト)
カスタマーはどのような人なのか、エリア・属性・興味関心などきめ細かに想定することがポイントになります。
・検索連動型広告はニーズと直結していますので、効果が出やすい広告です。
・ディスプレイ広告はターゲットを細かく絞って配信が可能です。低単価なので繰り返してカスタマーの目に触れていただくことが可能です。
・予算が確保できる場合は、マスメディアなどで広く社名・店名を告知する手段も有効です。社名や店名で検索してウェブサイトに訪れたカスタマーは圧倒的に獲得率が高いです。

このような施策を、適切なペルソナ設定とカスタマージャーニーに基いて、ランディングぺージやマーケティングオートメーションツールなどを用いて行なった成功例が多数ございます。

詳しくはお問い合わせください。広告プランナーがご説明に伺います。

  • 実績
  • 会社案内
page top